就職、転職を効率よく進める

そもそも求人募集サイトを使う必要があるの?

いざ、求人募集サイトを利用することを決めたらまずは使うサイトを決めましょう。 使うサイトが少なすぎれば自分の求める求人に出会いにくくなり、逆に使うサイトが多すぎれば情報の収集がしにくくなってしまいます。 適切なバランスを保ったサイト数を選びましょう。

おすすめリンク

寮付き求人で気をつけたいこと

寮付きの仕事はメリットもデメリットもあります。求人を探しているかたは参考にご覧ください。

大阪で探す家庭教師のアルバイト

学生の味方!学力を活かしてたくさん稼ぐ。スキルも身につく!大阪の家庭教師アルバイト求人紹介。

綿密な輸送計画をしてくれるキャリムエンジニアリング

綿密な輸送計画を立てるからこそ臨機応変に対応可能!キャリムエンジニアリングは確実に業務を遂行します。

求人募集サイトの登録方法

求人募集サイトを使う上で、はじめにするべきことが自分の情報を登録することです。 この情報をもとに採用者側が雇うかどうか決めるわけですからある意味一番重要であるといえるかもしれません。 どう登録することが適切なのか、詳しく解説していきたいと思います。

求人募集サイトの正しい使い方

登録が完了すれば、本格的に企業側とやり取りを開始していくこととなります。 採用されるようにするにはどう立ち回ればよいのか、多くのやり取りから最終的にどう取捨選択していくのか、あるいは大量の情報をどう処理するべきか、求人募集サイトの正しい使い方を考えていきましょう。

はじめにサイト選びから始めよう

仕事を探すうえでまず考えたいのがそもそも求人募集サイトを使う必要があるのか?ということです。
求人募集サイトのCMはよくTVに流れており私たちには身近になりつつあります。
しかし、必ずしも求人募集サイトを使う必要もないのです。
雇用する会社と直接やり取りするというのがまずひとつの選択肢です。
しかし、これは少しハードルが高いですよね。
おそらくこの方法で就職、転職できる人はごくわずかでしょう。
もう一つの選択肢として考えられるのがエージェントです。
エージェントはサイトのように採用募集を行っている会社を紹介してもらえるのに加えて、その業界の情報を提供してもらえるだけでなく面接対策、日程の管理など就職、転職活動そのものの管理なども行ってもらえます。
こうしてみると、一見エージェントの方がはるかにサイトよりも優れていると思いますよね。
確かにエージェントにしかない利点がありますが、私はそれでもサイトをお勧めします。
というのも、エージェントに比べてサイトは自分のペースで就職活動を進められるだけでなく、手間もかかりません。
エージェントを用いるといちいちエージェントに会いに行かなければなりません。
それにエージェント側の都合がありますから、就職、転職を自分のペースのみで進めることもできません。
加えて、エージェントは人によって持っている求人情報に偏りがあることもあります。
しかし、求人サイトなら情報に偏りがありませんので選択肢が広がります。
以上のことから、就職、転職にはサイトを用いるべきではないでしょうか。