>

そもそも求人募集サイトを使う必要があるの?

求人募集サイトは複数登録しておこう。

まず、はじめに求人募集サイトは複数登録しておきましょう。
なぜなら、サイト別で特化している分野とそうでない分野があるからです。
それに、一度仕事を辞めてから転職活動を行っている方にとっては経済的な余裕を考えるとできる限り早く就職をしたいですよね。
自分の進みたい分野でなくても一定の条件さえ整えば就職したいところです。
大企業だけでなく、中小企業やNPO法人など一口に就職といっても様々な選択肢があります。
自分が意識していない分野であったとしても途中で方向性を変更できるように手を付けておくことも重要です。
そんなサイトは大きく3つの形に大別できます。
それぞれの特徴を抑えて求人募集サイト選びを有利にしていきましょう。

求人募集サイトの3つの種類

求人募集サイトには大きく分けて3つの種類があります。
直接応募型、スカウト型、エージェント型です。
直接応募型は、サイトに大量の情報が載っておりそこから選んで自分で応募を出していくという一番一般的な形です。
最も簡単に応募できる求人方法であり、利用者も一番多いです。
その次にスカウト型というものがあります。
これは自分自身の経歴をサイト内に登録しておくことで企業が転職者をスカウトする、という形をとる転職サイトのことを指します。
直接応募型に比べ手あたり次第アプローチできる自由度は減りますが。
しかし、企業側が必要としている人材をとっていくため自分の能力を生かせる転職先に行けるかもしれません。
最後にエージェントと機能を掛け合わせたエージェント型です。
メリットはサイトとエージェントのサービスふたつ受けられるということでしょうか。


この記事をシェアする